« いいわけ | トップページ | 願いを叶えたまへ »

 

骨の音を聴く。

指の関節を折り曲げて。

首をぐるぐる廻して。

骨は自分の一部なのに、

まるで他人の顔をしてぽきぽき。

痛みは親指の関節がずれているから。

痺れは首の関節の間が潰れているから。

そりゃぁどんなものだって

五十年も使っていれば多かれ少なかれ。

まぁまだ使えますわと老医師は言う。

 

骨の音がする。

頭の中で。

頭蓋を響かせて伝わる音は、

鼓膜を震わせて届く音とは違うらしい。

外耳から内耳へ到達する声は、

自分のものであって自分のものではない。

頭の中に伝わる声こそが、

ほんとうの自分の声。

 

正直であるか。正義であるか。

感謝してるか。努力してるか。

大人になるにつれて忘れてしまった言葉が、

父や母の声となって聴こえる気がした。

 

骨の音に訊く。

正しく生きているのか。

怠けていないか。

傲慢じゃないか。

誰かを羨んでいないか。

私は大丈夫か。

耳を澄ますと、

骨が答える。

|

« いいわけ | トップページ | 願いを叶えたまへ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193685/48081218

この記事へのトラックバック一覧です: :

« いいわけ | トップページ | 願いを叶えたまへ »