« 思い出の夏 | トップページ | フィクション »

頭でっかち

頭でっかちな子だねえ。

頭でっかち過ぎるのも困ったもんだぞ。

そんなこと、
この世に生まれて言われたことがない。
だって、ぼくは頭が悪いから。
勉強なんて大嫌いな子供だったから。
頭でっかちならよかった。
もしそうだったなら、
そうだったなら、
もっともっと
頭でっかちになれたかもしれない。
そうしたら、
ノーベル賞でも、何でも、
もらえたかもしれない。
だけど、いまさら
この小さな頭で、どうできる?
小さな小さな、頭蓋骨の中に
閉じ込められた臓器には、
もはや、もはや、
それなりの大きさの知恵しか収まらない。

忘れていく。物事。
失われていく。想い出。
新しくインストール出来ない。難しい知識。
小さな臓器が、どんどん萎縮していくのは耐えられない。

だから、いまからでも抗おう。
頭でっかちになろう。
遅くはないでしょ、いまからでも。
いまからでも、ぼくは。
頭でっかちになりたいと願う。

|

« 思い出の夏 | トップページ | フィクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193685/47864618

この記事へのトラックバック一覧です: 頭でっかち:

« 思い出の夏 | トップページ | フィクション »