« 終わらない夜、始まらない朝 | トップページ | 創造しい輪廻の詩 »

メモリー

 メモリー

笑いも涙も悔しさも

すべて忘れず覚えているわ

ほんとうは忘れ去ってしまいたい

小さな記憶の断片までも

嫌になるほど蓄えているの

私だけの蔵の中

 

知恵も知識もプライドも

やがて忘れて泡の藻屑に

ほんとうは忘れたくないことなのに

大切な夢の切れ端も

嘘のように消えてしまうの

私だけの蔵の中

 

全能の宇宙の中で

長い歳月をかけて刻まれてきた

見えないほど小さな私のすべては

蔵の中で腐敗して錆びて風化して

再び長い歳月をかけて

いつしか無に戻ってゆく

|

« 終わらない夜、始まらない朝 | トップページ | 創造しい輪廻の詩 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193685/46312407

この記事へのトラックバック一覧です: メモリー:

« 終わらない夜、始まらない朝 | トップページ | 創造しい輪廻の詩 »